2010年03月16日

辛くないはずが甘ったるい激辛ラー油 

今回は、本来レシピに書くべきテーマなんですが、つぶやきとして書きます。

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」が売れまくりで、品薄状態が続いているのは皆さんもご存知かと思います。
そんな、辛いんだか辛くないんだか分らぬ曖昧な名前のそれ。
辛くないと言っておきながら、少し辛いと来たもんだ。
そうなのかと思って食べてみると別に辛くもない。
だったら、「辛そうで辛くないラー油」の方がしっくりくると思っている私ですが、
そんな、長くていちいち商品名を書くのが面倒くさいラー油が、我が家でも大人気。
しかし、買おうにも売ってない事が多く、何処に行ってもお詫びされまくりです。
それらが棚に並んでたあの時、買い溜めしとけば良かったと思うほど、我が家では、この春必須のヘビロテアイテム的な存在なのです。

そのまま食べられる、具だくさんラー油。
実際、旨いっす。
後引く美味しさなんっす。

でね、考えた。

自分で作れねーかな?って。

で、閃いた!

以前作った唐辛子ごま油で作ればいいじゃん!って。


で、ここから実験です。
実験ですので、よい子は真似しないでね!

「辛そうで辛くない少し辛いラー油」の原材料を見て材料を決めました。
原材料
食用なたね油、フライドガーリック、食用ごま油、唐辛子、フライドオニオン、唐辛子みそ、砂糖、食塩、パプリカ、すりごま、オニオンパウダー、粉末しょうゆ(小麦を含む)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)


唐辛子ごま油を使うので、唐辛子とごま油は要らない。
あとは──
ニンニク、玉ねぎ、コチュジャン、砂糖、塩、すりごま、醤油

これで作ってみようと、チャレンジしてみました。

【材料】
唐辛子ごま油 200cc弱(だいたい)
ニンニク 3片 みじん切り
玉ねぎ 小1/4 みじん切り
コチュジャン 大さじ1
すりごま 大さじ1
砂糖、塩、醤油 少々
唐辛子ごま油   材料

【実験開始】
小さな鍋で(今回は小型中華鍋を使いました)、唐辛子ごま油を熱し、まず玉ねぎのみじん切りをフライする。
玉ねぎのいい香りがしてきたら、にんにくのみじん切りを入れ更にフライ。
フライドガーリック&オニオン

ボールにコチュジャン、すりごま、砂糖、塩、醤油を入れて、玉ねぎとニンニクがいい感じに揚がるのを待つ。
調味料

玉ねぎとニンニクが揚がったら、調味料が入ったボールに油ごとジョワッと注ぐ。
ジョワッと

で、混ぜ混ぜ。

見た感じは、本家ラー油に似てるでしょ?

しっかり冷めたら空き瓶に入れ、蓋をして保存。
冷めたら容器へ

空き瓶に入れる前に、味見をしてみました。

甘ったるい…
砂糖を入れ過ぎたっぽい。
小さじ1ぐらい入れちゃったから。
甘みが強すぎた。
コチュジャンにも甘みがあるから、砂糖は少なめで良かったかも。

それにしても、何かもの足りない。
と思ったら、塩と醤油を入れるの忘れてた!
どーりで、ご飯がススムおかずっぽさが出てないわけだ…。

そんなことよりも、何よりも
そんなことより何よりも!

辛いったらありゃ〜しない!!
そのまま食べられるラー油を作る筈が、そのまま食べたらヒーヒーヒー!
こんなに辛くてインカ帝国!

まずね、作ってる間。
唐辛子ごま油に火を入れてから、のぼせそうになりました。
体の中からカッカ!カッカ!と熱くなって、具合悪くなりそうでした。
それからしばらく、火照りが治まらなかったです。
この火照り、どーしてくれんの。
これって、カプサイシン効果なんですか?
唐辛子ごま油、恐るべし。
それぐらい、唐辛子ごま油が辛かったのです。


今回の実験の結果、私が作ったのは、

「辛そうで辛くないはずが、むしろ甘ったるくて辛(つら)い激辛ラー油」でした。

要は、失敗です。

でも、

トーマス・エジソンはこう言っています。
「人間の最大の欠陥は、すぐにあきらめることである。
 成功するための最善の方法は、もう一度やってみることだ。」

本田宗一郎氏はこう言っています。
「成功は99%の失敗に支えられた1%だ」

松下幸之助氏はこう言っています。
「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。
 成功するところまで続ければ、それは成功になる。」


皆さんこうおっしゃってますし、いずれチャレンジしてみたいです。
しかし、成功するまでに、
桃屋の「辛そうで…ラー油」の増産体制が確立されそうな気もしないでもない。
15:02
| レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


マクロミルへ登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。